U-NEXT Publishing

ネタバレ厳禁!吉川トリコ新刊『コンビニエンス・ラブ』本日発売。

2023年10月6日

この恋もこの結末も、ネタバレ厳禁。

2年連続山本周五郎賞にノミネートされるなど、そのストーリーテリングに定評のある吉川トリコさんの中編小説『コンビニエンス・ラブ』が、ついに紙+電子書籍で販売開始!


男性アーティストの恋愛を描きながら、推すこと推されることの光と影、恋愛消費を描いた現代ならではの作品が生まれました。
お手軽な判型・価格の中編レーベル第三弾。ぜひお楽しみください。

<あらすじ>

「アーティストであって、アイドルじゃない」5人組ダンスグループ GAME BREAKERS
に所属する成瀬愛生(通称:アッキー)はそんなプライドを持っている。

しかしファンから届くのは、イケメンだとか、メンバー間のカップリングを尊ぶものとか、
〝本質〟以外を褒めたてる声ばかり。

ある日、メンバーの灰人が噂レベルのゴシップで炎上すると、より一層、推されることの
現実と理想のちがいに悩むことに。

そんな折、自宅近くのコンビニに勤める青木マユと知り合い、素のまま付き合える彼女に
徐々に惹かれていき...

<吉川トリコ>

1977年生まれ。2004年「ねむりひめ」で<女による女のためのR-18文学賞>第三回大賞および読者賞を受賞、同作収録の『しゃぼん』でデビュー。著書に『グッモーエビアン!』『戦場のガールズライフ』『ミドリのミ』『ずっと名古屋』『マリー・アントワネットの日記 Rose』『女優の娘』『夢で逢えたら』『あわのまにまに』など多数。2022年『余命一年、男をかう』で第28回島清恋愛文学賞を受賞。エッセイ『おんなのじかん』所収「流産あるあるすごく言いたい」で第1回 PEPジャーナリズム大賞2021オピニオン部門受賞。


CID0000000055

書誌情報===========================

本体価格:【紙】900円(税抜)

つくり:新書サイズ(174mm×112mm)

ISBN:【紙】978-4-910207-88-9

装画:重田美月

装幀:森敬太

===============================

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。